事業承継プラットフォーム

株式会社トーキョー工務店は建設業に特化した事業承継、M&Aに取り組んでおります。
建設業界は、建設投資額でみると民間部門、政府部門合わせて約60兆円内外で推移しており、GDPの約10-11%の構成する非常に大きな業界で、建設業就業者数は約500万人となっております。(「建設業ハンドブック2021による」)

一方で、他業種に比べても高齢化が進展しており、コロナ禍の受注獲得、働き方改革やDXへの対応が難しい中小建設会社にあっては後継者不足問題も表面化しており、苦渋の決断で事業を外部に事業承継することを悩まれている会社も多くなっております。

当社はこれまで、4社の事業承継の受け皿となっており、今後も建設業の事業承継について真っ先にご相談を受ける会社になりたいと思っております。

当社の事業承継は、転売を前提としたものではありません。建設業界の後継者問題を前向きに解決し、間接コストや手間の削減を通じて利益を確保し、技術者が働きやすい環境を作り、グループ全体として発展していくことを目指しております。

当社はこれまで、4社の事業を承継し、管理部門の統合によるコストや事務業務を圧縮し、DXの導入により、技術者が、技術の活用や現場に集中できる環境を構築して、既存の事業をさらに発展させ、技術者の待遇改善にも取り組んできました。過去5年間で事業承継した技術者の離職率は10%以下となっております。

当社は、2021年に急成長の企業グループの資金も受け入れて、さらに建設業の事業承継の旗手となるべく、10億円の買収資金を用意しております。

今後はゼネコン・工務店及び、当社が注力している環境問題に貢献する電気設備、機械設備(管工事)等の事業を中心に事業承継の機会を探していきます。

事業承継にご関心のある事業者または事業部門・チームの方はお気軽にお問い合わせください

株式会社トーキョー工務店 代表取締役 野坂幸司